地獄から墓場まで。 
--/--/-- --:-- 【スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/02 11:13 【未分類
島津重豪・・・、

島津氏は知っていても島津重豪を知っている方は少ないと思われる。

この方は、ある意味凄いのである。

ある書物によると『重豪公は80歳を越えても鹿児島から江戸、宮崎各地を行き来し、書を書くとき、読むときも眼鏡を必要とせず。』と記されている。

重豪は表現できね程の酒豪だったらしく、家臣たちは重豪の酒の相手を嫌がったという。
唯一、酒の相手を出来たのは牧野千佐という大柄で身長184cmはあったと言われる女中であった。
後に重豪の側室となって福岡藩主となる黒田長溥と八戸藩主・南部信順を産む。

長溥が誕生時、重豪は69歳、信順が誕生時は72歳という高齢であった。
戦国の毛利元就と並ぶ絶倫ぶりと言えよう。
また、重豪の娘たちは幕末維新に影響を少なからず与えている。

三女・篤姫は11代将軍・家斉御台所となり、五女・熈子は関白・近衛忠熈の正室となり、一条忠香の正室・民子を生んだ。
その民子が生んだ美子は明治天皇皇后となった。
六女・愛子は中山忠能の正室となり、慶子を生んだ。慶子は明治天皇の生母である。

幕末当時の皇室には薩摩の血が濃く流れていた。

また薩摩藩及び島津家は徳川家に対しての恨みは多かったという。
スポンサーサイト
トラックバック(0)  コメント(0)
宝塚について HOME ちょっとドウシタノ?

管理者にだけ表示を許可する
≫≫ http://amdana.blog113.fc2.com/tb.php/7-c3f36232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
HOME
プロフィール

マリア・フョードロヴナ

Author:マリア・フョードロヴナ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。